回答受付中の投稿

Keron さん [ プロフィール ]
女性 /
/
東海
質問者

介助拒否が強い方の立位→更衣

レビー小体型認知症、立ち上がり、立位を保持するのが難しく車椅子利用のご利用者様ですが、介助の際に力いっぱい抵抗されてしまい、移乗も大変です。移乗だけなら女性の私1人でもなんとかなるのですが、トイレや更衣の際の下衣の上げ下ろしが、介助者1人だと難しい時があります。利用者様の拒否があまり強くない時には、介助にて立ち上がってもらい、手摺につかまってもらいながら私の腿で後ろから支えていれば下衣更衣ができますが、拒否が強い時には、私が後ろにまわる余裕がなく、1人での介助を断念して他の職員の手が空くのを待ちます。
二人介助がいつでもできる環境が理想ですが、業務に追われている中で、どうにかうまく1人での介助ができないか。アドバイスいただけると嬉しいです。

質問日時:2021年01月08日 19時14分

[ 違反報告 ]

回答数:1 - 閲覧数:480

natsu さん [ プロフィール ]
男性 /
介護職 /
東海
回答者

先輩とか教えてくれませんか…先輩はどうやっていますか…それらを観察するのが第一です。できる人のを見てマネする、教えてもらう。ただ、無理して一人でやって、転倒、転落事故になってしまい、事故報告書は書かなくてはいけない、上司からはなんで無理するの、などなど言われ、少しでも業務をスムーズに、人に頼ると相方に迷惑をかける、などと思っているあなたの優しい気持ちは一発で無どころか責められることになりかねません。本当に損です。強い拒否が入ったら、時間をおいてやってみる、それでも拒否なら2人で介助。それでもダメなら、更衣介助はパスすればいいと思います。事故になるより断然マシです。一つ試してみては…と思うのは、無理に立ち上がってもらうのではなく、まず、車椅子から便座へ移乗、次に車椅子を前において、車椅子につかまってもらい、頭を車椅子の座る部分に下げてもらう。すると、頭と腰は体の中で重いところなので、自然にお尻が上がります。それで、介助できれば一人でも十分可能です。いろいろ無理せず試して、ダメなら、二人もしくは更衣介助パスでいいと思います。

回答日時:2021年09月26日 15時37分

[ 違反報告 ]

同じカテゴリの投稿